損切りとは・・

損切りとは、

含み損が発生している
ポジションを決済し、
損を確定することです。

英語では
「 Loss-Cut 」
です。


センチメントとは・・

センチメントとは、

気持ちや感情という
意味を持つことから

市場のムードや
雰囲気のことをさします。

英語では
「 Sentiment 」
です。

先進7ヶ国蔵相・中央銀行総裁会議とは・・

先進7ヶ国蔵相・中央銀行総裁会議とは

日本、アメリカ、ドイツ、
イギリス、フランス、
イタリア、カナダの
7ヶ国の大蔵大臣と
中央銀行総裁でおこなわれる
会議のことです。

いわゆる「G7」のことです。


この7ヶにロシアを加えて
おこなわれる会議がG8です。


英語では
「 G7(Group Of Seven) 」
です。

セトルメントとは・・

セトルメントとは、

決済日、支払日に
実際に通貨を
交換、支払いすることです。

英語では
「 Settlement 」
です。

世界貿易機関とは・・

世界貿易機関とは、


自由貿易を促進することを
目的として設立された
世界貿易に関する国際機関です。


GATTウルグアイ・ラウンドに
おける合意に基づいて

貿易問題をめぐる紛争処理手続きの
運用や多角的な貿易交渉を促進したり、
各国の貿易政策の審査などの
役割を担っています。

英語では
「 WTO(World Trade Organization) 」
です。

世界銀行とは・・

世界銀行とは、

発展途上国の開発支援をしたり
加盟国の中央銀行に融資、
企業に貸付をおこなう
国際連合の金融機関です。

本部はワシントンにあり、
現在、加盟国は179ヶ国あります。

英語では
「 World Bank 」
です。

スミソニアン合意とは・・

スミソニアン合意とは

1971年12月、ワシントンの
スミソニアン博物館で
開かれた10ヶ国蔵相会議です。

ニクソン・ショックによる混乱を受けて
開催されたもので
固定為替相場制の維持や
国際通貨秩序に関して
合意されました。


協定について主な内容

1. ドルと金との固定交換レート引き上げました。
(金1オンス=35ドル→38ドル)

2. ドルと各国通貨との交換レートを改定しました。
(日本円は、1ドル=360円→308円 切り上げ)

3. 為替変動幅の拡大
(為替平価の上下1%→2.25%)

4. アメリカへの輸入課徴金を撤廃しました。

英語では
「 The Smithsonian Agreement 」
です。

スポット・レートとは・・

スポット・レートとは、

銀行間取引(インターバンク取引)
における直物取引のレートの
ことをいいます。

英語では
「 Spot Rate 」
です。

スペキュレーションとは・・

スペキュレーションとは、

価格変動を利用し、
為替差益から利益を得ようとする
投機的に行うやり方のことです。

英語では
「 Speculation 」
です。

スプレッドとは‥

スプレッドとは、

売り値(オファー)と
買い値(ビッド)の
価格差のことをいいます。

一般的にこの差が大きいと
レートが悪いといえます。

英語では
「 Spread 」
です。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。